読んだ本…その11

またまた久しぶりですな。。。

ま、相変わらず本を読みまくってました!!

今回は、たくさん読んだので!何冊か紹介!

『秘密のオメガとアルファの貴公子ー契りの一夜』 小中大豆

画廊経営者で大富豪の御曹司✖️元御曹司の秘書で下町の喫茶店マスター、シングルファザー

ストーリーとしては、シンデレラみたいなストーリーでしたね!自分とは身分違いな王子様の元を去り、一度きりの契りで妊娠した子供を育てている受。で、王子が迎えに来てぇ〜ってなね!

『ひとめぼれ王子さま』 柊平ハルモ

大病院の跡取りで医師、おばあちゃん子✖️百貨店外商部、施設育ちで真面目で気遣いやさん

これも前のと一緒でシンデレラストーリーと言っていいかも!攻の育ちの優雅さなのか洗練された姿に憧れる施設育ちの受。攻から自分を口説いてるかと思ったら、外商で攻のおばあさんとの接触で変な関係ではないかと疑われていたのは傷つくけど、結局受を好きで近づきまくっていたというオチでした!

『失恋のあと、恋は始まる』 義月粧子

有名な建築デザイナーで昔受の叔父と付き合っていた✖️プライドが高く、冷めた高校生

これはねー、、好きか分かれます!なぜかというと、浮気オッケー同士の付き合いだから!なので、途中途中で女と関係持ったり、友達とエッチっぽいことしてしまったり…根底で思い合ってるっていうのがあるかもしれんが、読んでてなんでそうなるかな!?とも思ってしまうのであった。。。

『女体化したと思ったらライバルとHしてました』 つじ亜湖

クールな実力派俳優✖️女体化しちゃった人気アイドル

初めて女体化する(完全な女!オメガバースとかじゃない!)BL小説買ってみました!これはー、、、BLって認識でいいのか!?って感じです。女体化を治すのは、一週間放置か、早く治すには精液を飲むか中出しか!?って、なんてAVみたいな設定なんだ!…精液と同じ成分のサプリがあれば問題ないんじゃ。。←Hを強制しない対策が医療としてないと社会問題になりそうな病気だ…真面目に考えるとね!

『オメガは運命に誓わない』 安西リカ

造形作家で結婚を夢見るアルファ✖️ベータに片思い中で性種に嫌悪感バリバリのオメガ

前の『運命の向こう側』のスピンオフ作品!このシリーズ好きなんですよ!!今回は、オメガとかアルファとかそんな性種に嫌気がさしてる二人です。嫌でも発情期が来るし、抱かれたくないのにアルファに抱かれると体が喜んじゃうってことに、嫌で嫌でガマン出来ないオメガ。もうこれは性なのでしょうがないんですが、それを越えての恋愛をするアルファ、カッコいいです!!

『九尾狐家異類婚姻譚黒い瞳の花嫁ー』 鈴木あみ

竜族ドラゴネアの王仔✖️九尾狐直系王仔の次男、劣等感の塊

世界観が独特で日本ぽい儀式があったかと思えば、西洋文化バリバリだったり、ゲームの中にいる感じです。これはシリーズ第5弾ですが、これだけでも読めます!今回のストーリーは、これこそシンデレラストーリーで、昔から可愛いと思ってた!結婚しよう!みたいな直情的なラストでした!

マンガはこの倍以上読んでるのですが、キリがないので、またです!